天好(てんこう)第3類医薬品 

製品コンセプト

補腎や補気を主な目的とした生薬主薬製剤

各疾患に 主薬、   補助薬、 補腎 として(治療薬)(保健薬)(体質改善薬)
中国最古の薬物学書といわれる神農本草経には薬効別に365種類の 生薬が収載されています。 天好に用いられている四つの生薬は全て神農本草経に収載されており、 動物性生薬「鹿茸」と上薬に分類されている植物性生薬「紅参」、 「地黄」、「白朮」を配合した製品です。

「腎」について

中医学において、体の根本的な生命力は腎が担っていると考えられています。この「腎」は、西洋医学で呼ばれる「腎臓」とは異なり、内分泌系、泌尿生殖系、中枢神経系の一部、免疫機能等をコントロールすると考えられています。

 腎に宿る生命のエネルギー源(腎気)は、胎児期には母体から供給されますが、出生後は食物や大気から得て腎に蓄え、成長に利用されます。腎気は、幼少期から次第に体内で増加していき、青年期でピークになります。その後、加齢とともに減少し、中年期以降には腎虚と呼ばれるエネルギー不足の状態になります。また、加齢以外にも、様々な原因により、著しく消耗することがあります。

腎虚の原因

  1. 食生活の不摂生や、暴飲暴食暴飲暴食
(冷飲食による冷えすぎ、偏食、運動不足)
  2. 生活習慣の乱れ
(睡眠不足、クーラーなどによる冷えすぎ、房事(セックス)過多)
  3. 精神的ストレス
  4. 過労
  5. 先天的な腎虚。母体から充分な腎気を得ることができないために生じる先天的な腎虚

精力減退、耳鳴り、めまい、脱毛、白髪、頻尿、関節痛脱力感、不眠、不安感の増加、寝汗、歯のぐらつき、免疫力の低下→アレルギー

  • 男性では・・・インポテンツ、遺精、早漏、不妊、冷え、足腰の重だるさ、クヨクヨ悩む
  • 女性では・・・生理不順、不妊、流産、早産、冷え、足腰の重だるさ、クヨクヨ悩む
  • 子供では・・・精神などの発達遅滞、先天異常、アトピー性皮膚炎、若白髪など